住まい探しの合間に・・・興禅院 2010年10月(10年前)に撮影

耶馬溪「青の洞門」を完成させた菊池寛の歴史小説「恩讐の彼方に」の主人公禅海の得度の寺として知られている。
山門両脇には仁王像があるが木造ではなく石造りである
先の熊本地震により破壊して今は新しいものが近くに建立された
ぼけ封じ観音像をはじめ 禅海・お弓の像 十三仏  子安観音像  十六羅漢 観世音菩薩  キリシタンの墓 六地蔵 カーンの板碑 馬頭観音像 など見どころ多々の歴史を感じる古刹である

一時はキリシタン教会堂があったが島津軍により破壊され、現在は小さな「塔」が残されている
キリシタン関係と言うことはいろんなところに見受けられる
まずは仁王像の柵を見てほしい
十字架である
入り口にある灯籠は4本の足で立っておりそれもまた十字架を表している
残念ながらこの時はその灯籠を撮影していない
PA074047.jpg
PA074049.jpg
PA074050.jpg
PA074051.jpg
PA074052.jpg
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは。
歴史ある興禅寺の仁王像の策が十字架をあしらっている感じですね。このようなところで
キリシタン信仰を見るのですね。このような事は初めての事なので驚いています。

さゆうさん さま

こんにちは
大分県は昔の大友領
隠れキリシタンが多く住んでいました
ここ由布の地にも隠れキリシタンの墓地が多く残されていて保存されている所も少しあります
墓石の礎には十字章などが刻まれています
観光客が訪れている所を見かけることはまずありませんが・・・
興味がおありでしたらご案内しますよ
いつもありがとうございます

非公開コメント

プロフィール

十七代

Author:十七代
人混みが嫌い 農薬が嫌い 添加物が嫌い 放射能が嫌い 
緑が好き 静けさが好き 優しさが好き 温泉が好き(大地が自然が田舎が好き)

「由布院日記」と言うタイトルのブログをgooブログに7万枚の写真とともに残してこちらへ新規に参入させていただきました
gooブログでは月ごとの写真を8年間ほどフォトアルバムに残しています
由布院旅行を考えられ 四季折々の由布院の様子をお知りたいとお考えになられました際は少しはお役に立てるかもしれません

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア