スポンサーサイト



「亀の井別荘」という名のお宿

由布院の今朝の気温は現在1.5度
結構冷え込んでいる
P4220016 (2)
P4220017 (2)
P4220072.jpg
P4220067.jpg
P4220066.jpg
由布院の友人から
紹介するときは「亀の井別荘」をと・・・
素晴らしい宿とは思うが利用させていただいたことが無い宿なので紹介することに躊躇している

もう一つの由布院の代表的な宿である「玉の湯」は何度かお勧めしたことはある
「良いところを紹介していただいて」とほとんどの方から感謝された
人を接待したりするには良い宿かもしれない

わたし?
私が由布院で泊まるとしたら?
それはない・・・すべての設備や備品がそろった我が城が一番いい

このコロナ騒動の中5月下旬に島根県の松江市へ出かけなければならなくなりそうだ
腰痛も完治していないのに・・・
4・5時間で済む私事であるが初日はただ行くだけ
2・3日目はホテルで寛ぐだけ4日目に私事を済ませ
5日目に帰福
たった4・5時間の私事に5日間も費やすなんてなんと贅沢な
ほとんどホテルに籠もりっきりなのだが

2020年の岡山 2019年の横浜もだいたいこんな感じで済ませてきた
もったいない・・・で
行かなくてすむことを考えている今日この頃である

「由布院温泉 玉の湯」という高級旅館にて

御三家の一つである
私のような年金暮らしには高級である
宿泊代が高い
従業員の対応が高い
宿泊客との距離が絶妙である

その「おもてなし」が宿泊代の高さに反映しているとは思いたくは無い
なぜなら
旅館業はおもてなしがあって成り立つものと心得ているから・・・
中にはわざとらしい接客対応の宿に行き当たったこともあるが・・・

よくなかったのはむかし家族総出で利用した「ハウステンボス ホテルヨーロッパ」
それと最悪だったのは由布院溫泉の「冨季の舎」 ここだけは連泊するものでは無い
P4220010 (3)
P4220041.jpg
P4220011 (3)
P4220012 (2)
P4220043.jpg
P4220044.jpg
良かったのは開業した直後の「ホテルグランヴィア京都」
「赤坂東急ホテル」も昭和40年代は良かった

プロフィール

十七代

Author:十七代
人混みが嫌い 農薬が嫌い 添加物が嫌い 放射能が嫌い 
緑が好き 静けさが好き 優しさが好き 温泉が好き(大地が自然が田舎が好き)

このブログは主に由布院盆地をとりあげています

「由布院日記」と言うタイトルのブログをgooブログに7万枚の写真とともに残してこちらへ新規に参入しました
gooブログでは月ごとの写真を8年間ほどフォトアルバムに残しています
由布院旅行を考えられ 四季折々の由布院の様子をお知りたいとお考えになられました際はお留め置きください

ちなみに私は現在はオリンパス党です
軽くて良いですね
フィルム時代は浮気はしましたが基本はミノルタ党でした

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア