朝露に濡れて

PA300040 (2)
PA300042 (2)
PA300045 (2)
PA300047 (2)
PA300048 (2)
PA300051 (2)
PA300078.jpg
PA300081.jpg
PA300086.jpg
PA300090.jpg

昨日は15時43分から狭心症に似た症状が起きた
10分前後で収まるだろうと横になっていたがなかなか収まらない
47分後にようやく収まったがものすごい疲れが出た
最初に狭心症に似た症状が出たのは25年ほど前
救急車で大病院へ運ばれたが原因はわからなかった
それを境に一気に体質が変化したのか日に3箱以上のヘビースモーカーだった私は
たばこに一切手を触れる気にもならなくなった
以降 救急車で運ばれたことのある4つの大病院でいろんな検査を受けたが原因はわからなかった
ニトロで治まらなかったところからも狭心症では無いと言うことになった
胃カメラからも食道や胃からでも無くCTやMRIでも一切解らないままで
救急で入院することになったいずれの病院ででも点滴に痛み止めでは治まらず
最後はモルヒネ系の痛み止めで症状を止め集中治療室に一晩を過ごすことになるのが慣例的であった
この狭心症に似た症状は普段であれば20分前後で治まるのだが30分を超す場合はなかなか治まらないのが常である
ただこのコロナ禍の時代 そう簡単に病院へと言うわけにもいかず
枕元に携帯を置き時間を待った
幸い16時40分には痛みも無くなりただ脱力感のみ・・・
こういう時の一人住まいは幾分かの不安が生まれる
玄関部にはバックに入院道具一式を入れていつでもOKの状態を整えてはいるが変な生活である
この狭心症に似た症状はだいたい月1回程度の割で出る
続けてでることも有れば2~3ヶ月でないことも有る
現在もただ脱力感のみである
時々窓を開け由布院盆地の新鮮な冷たい空気を吸っては気を落ち着けている
9月に遠くへ旅立った友も不安を抱えたまま一人部屋で時間をつぶしていたのかな
延焼することの無い環境の家だったら彼はきっと炎の中に身を置いていたことだろう
彼らしい旅立ちではあった様に思うが・・・

写せるときに写さなきゃ

PA280019 (2)
PA280032.jpg
PA280033.jpg
PA280035.jpg
PA280036.jpg
PA280038.jpg
PA280040.jpg
PA280045.jpg
PA280047.jpg

由布院で不在者投票をと考えていたが由布市役所へ出向かないと投票できないとか
由布院でJRに乗って南由布→湯平→庄内→天神山と
そして歩くこと25分
福岡で不在者投票の手続きをする際に聞いたときは湯布院庁舎で投票できると言うことだったのに・・・

投票に行かなかった
そういえば私の1票が選挙を左右したことは一度も無い

プロフィール

十七代

Author:十七代
人混みが嫌い 農薬が嫌い 添加物が嫌い 放射能が嫌い 
緑が好き 静けさが好き 優しさが好き 温泉が好き(大地が自然が田舎が好き)

このブログは主に由布院盆地をとりあげています

「由布院日記」と言うタイトルのブログをgooブログに7万枚の写真とともに残してこちらへ新規に参入しました
gooブログでは月ごとの写真を8年間ほどフォトアルバムに残しています
由布院旅行を考えられ 四季折々の由布院の様子をお知りたいとお考えになられました際はお留め置きください

ちなみに私は現在はオリンパス党です
軽くて良いですね
フィルム時代は浮気はしましたが基本はミノルタ党でした

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア