朝露に濡れたタンポポの綿毛

P5030004.jpg
P5030006.jpg
P5030007.jpg
P5030018.jpg
P5030026 (2)

時々狭心症に似た症状が出るようになって30年近くなる
ほとんどの場合は20分前後で回復するが4時間たっても回復の兆しが見えなくなると
救急車のお世話になる

最終的には集中治療室でモルヒネで痛みを抑えることになり結局原因不明のまま10日前後で退院となる
「福岡大学西新病院」(元:福岡市医師会成人病センター)
「国立病院機構 九州医療センター」
「福岡県済生会福岡総合病院」
「国家公務員共済組合連合会 浜の町病院」などに
救急で運ばれているが原因や正確な病名は解らないようで病名の最後に「擬」がつく
いまは仲良くつきあっていくしかないが
時々痛みが走り出すと不安になることがある
由布院にいるときは玄関先に入院セットを入れたバックを置いており
玄関の鍵は常時開けている
生存確認には妻が電話を掛けてくる

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

十七代

Author:十七代
人混みが嫌い 農薬が嫌い 添加物が嫌い 放射能が嫌い 
緑が好き 静けさが好き 優しさが好き 温泉が好き(大地が自然が田舎が好き)

このブログは主に由布院盆地をとりあげています

「由布院日記」と言うタイトルのブログをgooブログに7万枚の写真とともに残してこちらへ新規に参入しました
gooブログでは月ごとの写真を8年間ほどフォトアルバムに残しています
由布院旅行を考えられ 四季折々の由布院の様子をお知りたいとお考えになられました際はお留め置きください

ちなみに私は現在はオリンパス党です
軽くて良いですね
フィルム時代は浮気はしましたが基本はミノルタ党でした

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア